GISON's logo

GISON真空カップ付きポータブルボール盤

セメント壁、木材合板、石裏、金属をしっかりとハンドボール盤で

でGISON、エアハンドツールの加工と製造には、約 500 のゲージと 1,000 を超える金型があります。同社のワンストップの生産および設計能力により、手頃な価格で競争力のあるソリューションを考案することができました。でGISON、その加工は ISO-9001:2015 認定、CE 承認製品であり、そのエアハンドツールは世界 50 か国に販売されています。

GISONの特別な真空カップ設計のハンドボール盤はすべての表面に留まります

やり方がわかれば簡単です。この革新的なポータブル真空ハンドボール盤に慣れるまでに 10 分かかりました。まっすぐ、きれいに、そして正確に穴あけします。垂直、水平、直線の表面穴あけが可能です。滑らかな表面、粗い表面、濡れた表面、油っぽい表面、ほこりっぽい表面など、どんな表面にも貼り付けられ、同様に効果を発揮します。魔法のように聞こえますか?

旧式ボール盤のデメリット

携帯用電動ドリルを使って穴を開けるのは面倒な場合があります。狭い場所でドリルを保持したり、間違った位置で穴あけしようとすると疲れます。厚い鋼材に穴を開けるのは時間がかかる上、コードレスドリルでは穴が斜めになる可能性が高くなります。また、建設現場で穴あけが行われる場合、H 形鋼や金属板に関係なく、前後に移動するのはほんの一握りで、頭上での作業は言うまでもありません。

手持ち式磁気ボール盤がすべての問題に対処すべきだと思うかもしれませんが、それは鉄にしか機能せず、鉄は太陽の下で熱くなり、磁気効果が減少します。木材、セメント壁、コンクリート、大理石への穴あけはどうですか? さまざまな素材や現場に使用できるものが必要な場合があります。

何でもこなすボール盤 – GPD-231

GISONは 42 年前に空気圧工具の製造を開始し、収集したユーザー エクスペリエンスとエンジニアリング スキルをすべて活用して、トータル ソリューションを備えた電動ボール盤を設計することにしました。10 年後、あらゆる表面に取り付けられる真空吸引機能を備えた、ポータブルで軽量、強力なボール盤 GPD-231 が設計されました。

制御された穴あけ深さ - GPD-231 ボール盤

GISONのボール盤には、ドリルの深さを制御するための定規が装備されています。従来のボール盤とは異なり、穴あけ深さは深さ停止スピンドルによって制御されます。測定値を添付すると、ドリル穴の深さを確認し、精度を確保するために最初に深さを設定できます。ドリルが設定深さに到達すると、それ以上ドリルするのは困難になります。

ギソンのボール盤 GPD-231

GISONのハンドボール盤は屋外で6か月以上テストされましたが、環境はその性能に影響を与えず、真空吸引は依然として完全に機能します。

粗い面や材質に適したボール盤

ほとんどの吸盤は滑らかな表面でのみ機能しますが、GISONの手持ち式穴あけシステムは、さまざまな表面で動作します。スチール、木材、合板、セメント壁、大理石など、さまざまな素材に適用できます。濡れた表面、油っぽい表面、滑りやすい表面、汚れた表面、すべてに使用できます。さらに、穴あけの際に固定装置は必要ありません。

ジソン ボール盤 GPD-231 真空吸引

※真空吸着で壁面にしっかりと吸着します。

工業用ボール盤 - 通気管 1 つ、空気源 2 つ

水の生成量はバルブで制御可能で、水はドリルチャックまたはボアから供給されます。

GISON ボール盤 - 軽量で持ち運びが簡単で、あらゆる表面に適しています。

* 必要なのは小型の 4 HP エアコンプレッサーのみで、追加の真空発生器は必要ありません。

ホースは 2 本あり、1 つは水用、もう 1 つは真空吸引と掘削動力用です。ボール盤のスマートなデザインは、無限のワイヤーとホースを削減するだけではありません。また、小型の 4 HP エアコンプレッサーのみが必要で、追加の真空発生器は必要ないため、省エネにもなります。さらに、水バルブは、ドリルビットや穴を開けた場所から出る水を制御するように設計されています。

軽量。持ち運びに便利な手持ち式コアボール盤

GISONのポータブルボール盤はすべての問題を解決します。重量は 9.53kg、速度 1,500 rpm、最大ドリルビットサイズ 125mm、追加の真空ポンプ (真空発生器) を必要としない 4HP エアコンプレッサーです。ドリルビットのサイズは材質や穴あけ穴のサイズに応じて変更可能で、86mmの3つの吸盤があり、強力な吸引力を持っています。

手持ち式のコアハンドボール盤ですが、一度表面に取り付けてしまえば重さは気になりません。ここで話しているのは、真っ直ぐ下ではなく、垂直に穴あけすることです。手持ち式ボール盤は、6 か月以上屋外に座っても、落下することなく重い重量を扱うことができます。

真空吸引ボール盤の操作方法は?
ステップ 1: ドリルビットの取り付け

ドリルビットの購入は、穴あけと穴の品質を決定する可能性があるため、非常に重要です。ドリル口径は最大43mmまで使用可能です。市場にはビットがたくさんあります。クロスビット、パイロットビット、コアリングビット、ノンコアリングビットに対応可能です。ダイヤモンド ドリル ビットは、蛇口などのサイズの石材やセメント素材に使用されます。

ステップ2:

まず、ドリルビットを取り付ける必要があります。ドリルチャックを左右に回転させると、ビットを締めたり緩めたりすることができます。スパナを使用してチャックを緩め、ビットを挿入し、チャックを締めて固定するだけです。ドリルビットを取り付けたら準備完了です。

ステップ 3:
GPD-231の吸盤用スイッチ

吸盤用スイッチ

3 番目に、真空吸引のスイッチをオンにして、穴を開ける材料が何であれ、しっかりと握り締めて固定します。両端と中央の3箇所にあるハンドルバーを持って水面に向かって移動します。取り付けたら、しっかりと締められていることを確認してから、穴あけの準備が整います。

真空吸引力と穴あけ動力は同じ空気源から供給されるため、両方が連携していることになります。そのため、ボール盤の落下の心配がありません。

ステップ 4:

ドリルスイッチをオンにします。反時計回りに回すとドリルが開始されます。

ステップ5: 給水スイッチを回す
GPD-231の水用スイッチ

水のスイッチ

ドリル中に汚れをきれいにするには、給水バルブをオンにします。穴あけ時に溜まった粉塵を取り除きます。すべての掘削で湿気、冷却、ほこりの除去のために水を必要とするわけではありません。壁材は石とセメントのみで、木材や金属は使用できません。ドリルチャックやドリル穴から水が漏れます。

ステップ 6: ハンドコントロールの黒い丸いホイールで穴あけを開始します。

反時計回りに移動するとドリルビットは前方に移動し、その逆も同様です。ボール盤を表面に取り付けたら、回転させて穴を開けるだけで非常に簡単です。このホイールの優れた点は、材料に基づいて穴あけ速度を調整できることです。機械はさまざまな表面に設置できるため、セメント壁、木材、合板、石裏、H 形鋼、大理石など、あらゆる素材に穴あけが可能です。ちなみに、屋外で壁に垂直に座ってテストされています。 、 6ヶ月間!

硬い材質の場合、穴あけにはより大きな力が必要になります。ハンドグリッドを使用して黒いホイールを回転させ、速度を制御できます。

※より大きな穴をあけたい場合は、ドリル穴を最大43mmまで切り替えることができます。

Gison ボール盤 GPD-231 ハンドホイールとドリルボア

(A)。低速送り用のハンドルです。
(B)。ドリル径は最大Φ43mmまで切り替え可能です。

ステップ 7:

穴を開けたら、エアモーターをオフにし、黒いホイールを時計回りに回してドリルビットを穴から取り外します。水入口スイッチをオフにします。真空セクションのスイッチをオフにします。これで、ハンドルバーを持ってボール盤を取り外すことができます。

開けられた穴は、GISONのポータブルボール盤は、クリーンで正確かつ真っ直ぐで、低騒音で動作します。重負荷の建設作業に適しています。

GPD-231ハンドボール盤の特長
  • セメント壁、合板、石材、鋼板などの粗い表面や材質に適しています。
  • 穴あけ時は落下防止のためバキューム吸着機能が付いています(壁にしっかりと密着しないと手を離さないでください)。
  • 真空吸引により壁面にしっかりと吸着するため、穴あけの勢いに影響を与えません。
  • 単一の空気源で真空ポンプと空気圧ドリルの両方に対応
  • 最大 1,500 RPM のフリースピード、調整機能付き、
  • ドリルビットとドリルセクションからの水生成量を調整可能、
  • 穴あけ深さの設定が可能です。
  • ドリルビットの取り外しと挿入が簡単で、
  • 追加の真空発生器は必要ありません。
  • 従来の磁気ボール盤の優れた代替品、
  • 鉄だけでなく、さまざまな素材に付着します。
  • ダストのないダイヤモンドドリルビットを使用すると、穴あけがスムーズで、ドリルのサイズが正確で、パフォーマンスが高く、
  • 10kgの軽量設計、
  • 工業用建物の建設と装飾に適しています。
  • さまざまな表面を真空吸着します。
新しい真空吸引ボール盤のアプリケーション:

ホテル、邸宅、建設現場、またはパフォーマンスステージなど、H 形鋼やその他の素材に穴あけする必要がある場所 (ドリルビットを切り替えるだけ)。GISONのポータブルハンドボール盤を使用すると、特に産業用に、好きな場所に穴を開けることができます。

GPD-231の仕様

GPD-231
最大。フリースピード 1,500rpm
ドリルチャックサイズ 5/8インチ(16mm)
最大。ドリルビットの長さ 125mm
穴あけ口径サイズ Ø43mm
吸盤サイズ 86mm×3本
重さ 9.53kg
サイズ 46 x 24 x 28 cm (横、長さ x 幅 x 高さ)
使用圧力 6.3 kgf/cm² (90 psi)
空気吸入口 1/4”
ホースサイズ 6.5mm
エアコン 0.56 m3/分 (20 SCFM)
音圧 92dBA

交換可能なドリルビット

GPD-231は壁に応じて様々な穴あけが可能です。

真空カップ設計の手持ち式ボール盤で穴あけビットを選択可能

GPD-231AとGPD-231B

GP-UAS 無停電エア供給 - 誤作動を防ぐためのバックアップエア供給

GP-UAS 無停電給気

GP-UAS - 無停電空気供給装置

GP-UAS は UPS (無停電電源装置) のように動作しますが、電源ではなく緊急用空気を供給するため、これを無停電電源装置 (UAS) と呼びます。GISONは 40 年以上にわたり空気圧ハンドヘルドツールを提供してきました。特許取得済みの UAS 設計は、作業者が停電時にボール盤が適切に動作するために必要な電力を確実に出力できるようにするためのアクセサリです。

GP-UAS 無停電エア供給装置 (GP-UAS) は、動作中に持続的な空気供給を必要とする、手持ち式ボール盤、真空吸引ベースのポータブル ドリル スタンド、真空ピックアップ ツールなどのポータブル空気圧ツールに適しています。特に一部の国や農村地域では、電力システムが不安定になる可能性があり、工具が損傷したり、建設現場で危険が生じる可能性があります。その場合、バックアップ体制が極めて重要になります。無停電エア供給 (GP-UAS) を使用すると、エア供給電源が停止した場合でも、空気圧ハンドヘルド ツールは機能し続けます。

GP-UAS 無停電給気操作手順

GISONの機械的に設計された無停電空気供給装置は、最大 10 kgf/cm² の 22 L の空気を保持するエア バレルを通じて空気を供給します。UAS に保存された空気はエアコンプレッサーから供給され、主電源が停電したときに負荷に非常用電力を供給します。緑色のエア ホースは手持ちの空気圧ツールに接続され、オレンジ色のエア ホースはエアコンプレッサーに接続されます。圧力モニターシステムは圧力レベルを表示するため、空気供給が低下したときにハンドツールが脱落しないことを確認できます。これら 2 つのモニターの間には、空気の流れを制御するために空気圧を調整するための空気調整器があります。

エアバレル内の圧力が空気圧ハンドツールよりも低い場合、システムはビープ音を鳴らします。これにより、ビープ音のトリガーが作動します。逆に、エアバレル内の圧力がツールよりも高い場合、アラームは作動しません。さらに、アラームをオフにするスイッチと、圧力を解放するための圧力リリーフノブがあります。

GISON の無停電給気 GP-UAS

(A)。左: 出力空気圧。/中央:エアレギュレーター。/ 右: 入力空気圧。
(B)。エアソケット (エア出口)
(C)。エアレベバー22L
(D)。左:ブザー。/ 右:電池ボックス。
(E)。圧力リリーフノブ
(F)。ブザースイッチ
(G)。空気入口(エアインプット)

GP-UAS 無停電空気源 - シンプルなデザインと低価格

電子バックアップ装置を使用してボール盤内の圧力を検出することは実行可能ですが、コストがかかります。さらに、気象条件が機器にとって厳しい場合があり、地域によっては電力供給が不安定になる可能性があります。GISONの機械設計の GP-UAS 無停電空気源は、エア バレルを介して空気を供給します。空気出力は緑色のワイヤを通過し、入力空気はオレンジ色のワイヤを通過します。圧力が低下すると数分間アラームが鳴りますが、それでもバレル内の空気が完全に空になるまでボール盤は作動し続けます。そうすれば、労働災害が防止され、作業が効率化されます。

GP-UAS 無停電給気の設計図

GP-UASの仕様

GP-UAS
エアレシーバー 22L
最大。貯蔵圧力 10kg/cm2
正味重量 11.15kg
サイズ (長さ*幅*高さ) 56×27×36センチメートル
電池ボックス 単三電池4本(電池なし)
パッキング 1 個/2.94 立方フィート/GW : 13.8 kg

Product category

Inquire now

Looking for more information? You can fill out the Inquiry Form to tell us your needs or questions, we will respond soon!

send your inquiry
 
English | Français | Italiano | Deutsch | हिन्दी | Việt | 日本語 | Português | Español | ไทย | Русский | العربية | 한국어 | Polska | Română | Indonesia | Nederlands | українська | Close